有料老人ホームの仕事内容

働く場所としての有料老人ホーム 有料老人ホームでは利用者さんから介護保険料の他、入居一時金や管理費といった費用を支払ってもらっています。これら自費部分の請求額は運営事業者によって個別に設定できるため、様々な価格帯・サービ…

続きを読む

生活相談員の仕事内容

生活相談員とは 生活相談員は「ソーシャルワーカー」とも呼ばれており、特別養護老人ホームやショートステイなど、介護福祉施設で活躍しています。生活相談員は施設の利用者やその家族からの相談窓口として、ケアマネジャーや施設などの…

続きを読む

ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事内容

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは ケアマネジャーとは、2000年に制定された介護保険制度で創設された公的な資格です。介護福祉士のような国家資格ではなく、管轄は都道府県となっています。正式な名称は「介護支援専門員」です…

続きを読む

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士とは 介護福祉士は、介護職として現場で働く方にとって最上位の国家資格です。社会福祉士及び介護福祉士法に基づいていた資格です。介護に関する高度な専門知識と技術を有しているという証明になるため、現場では利用者さんへ…

続きを読む

通所リハビリテーション(デイケア)の仕事内容

通所リハビリテーション(デイケア)とは 通所リハビリテーション(以下、デイケア)とは、在宅での介護を必要とする方が利用できる施設です。デイケアでは、厚生労働省令で定められた理学療法や作業療法、または必要なリハビリテーショ…

続きを読む

ショートステイの仕事内容

ショートステイとは 在宅で介護をしている方に休息期間を与えるための「レスパイト・ケア」から誕生した介護サービスがショートステイです。ショートステイとは、名前のとおり利用者さんが短期間施設に滞在するサービスです。要介護1以…

続きを読む

デイサービスの仕事内容

働く場所としてのデイサービス デイサービス(通所介護・予防通所介護)はいまや、要介護高齢者の在宅介護を支える中心的な役割を担っている介護サービスです。要介護1以上の高齢者が対象として自宅生活の継続をサポートしています。 …

続きを読む

小規模多機能型施設の仕事内容

小規模多機能型居宅介護とは 小規模多機能型居宅介護事業所は、全国に5,342箇所あります(平成29年10月時点)。看護小規模多機能型居宅介護事業所は390箇所なので、両方を合わせると5,732箇所あることになります。ここ…

続きを読む

介護老人保健施設の仕事内容

介護老人保健施設(老健)とは 介護老人保健施設(老健)とは、在宅復帰を目指して入所する施設です。医療的ケアやリハビリテーションを必要とする要介護の高齢者が入所しています。食事、入浴、排泄、着替えといった日常生活における介…

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅の仕事内容

サービス付き高齢者向け住宅とは サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は2011年の「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」改定により誕生しました。まだ10年経過していないサービスですが、既に7,486棟、…

続きを読む