LIFEとは?介護報酬改定による加算の算定要件や導入方法についても解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LIFEとは?介護報酬改定による加算の算定要件や導入方法についても解説

令和3年4月1日よりVISITとCHASEが統合され、全介護事業者が利用できるようになった科学的介護情報システム「LIFE」。令和3年度介護報酬改定では、LIFEの導入を前提とした加算が新設され、ますます注目を浴びています。

本記事では、LIFEが基本からわかる情報をまとめました。導入方法から使い方、提出が必要な利用者情報まで解説しています。記事後半では、LIFE導入で算定できる加算についても一覧でまとめていますのでぜひご活用ください。


介護事業所の面倒なシフト・勤怠管理がらくらく
人員基準や加算要件は自動でチェック!CWS for Careはシフト表作成、勤怠管理、勤務形態一覧表作成をワンストップで提供する、介護専門のシフト・勤怠管理サービスです。
⇒ 「CWS for Care」公式サイトへアクセスして、今すぐ資料を無料ダウンロード

科学的介護情報システム「LIFE」とは?

科学的介護情報システム「LIFE」(以下、LIFE)とは、システムに入力したケアプランや利用者の状態を分析して、厚生労働省からフィードバックを受けられる仕組みです。まずはLIFEの目的やメリットについて解説していきます。

LIFE誕生の背景と目的

厚生労働省では、通所・訪問リハビリテーションの質の評価データ収集システム「VISIT」と、高齢者の状態やケアの内容などデータ収集システム「CHASE」を運用し、情報収集を行ってきましたが、令和3年4月1日よりVISITとCHASEを統合し、科学的介護情報システム「LIFE」として一体的な運用を開始しました。令和3年度の介護報酬改定で、LIFEの活用を前提とした加算も増えてきているので、今後ますます注目度が高まっていくことが予想されています。

LIFEは自立支援などの効果を科学的に分析して、ケアの質の向上に活かす目的として「科学的介護」の取り組みが重視されたことで誕生しました。LIFEに利用者の基本情報や実施したケアの内容などを入れると、蓄積したデータベースをもとに分析し、その結果がフィードバックされます。

LIFE導入のメリット

LIFEは国内の介護事業者のデータをもとに、より科学的に分析できる点がメリットのひとつです。これまで介護で行われてきたケアは、ほかの施設や事業所と比較する機会がなく、介護サービスの質を正しく評価ができていない側面がありました。

今後LIFEを活用すれば、全国のデータをもとに一定の基準でケアの質を判断することができるようになります。さらにLIFEを介して得たフィードバックを活用し、ケアプランや介護計画書を見直すことで、より質の高い介護サービスが目指せるでしょう。

また、LIFEを条件とした加算が算定できたり、無料で使用できたりする点も大きなメリットです。

2024年度 介護報酬改定で進められる介護文書申請・届出の変更のポイント
介護分野の文書に係る負担軽減の実現に向けた、次期介護報酬改定のポイントを分かりやすく解説します。

LIFE導入が要件となる科学的介護推進体制加算とは

科学的介護推進体制加算は、令和3年度の介護報酬改定で新設された加算です。LIFEへデータを提出し、フィードバックを受けながら、ケアの質向上を目指す施設や事業所を評価する加算となります。

利用者すべての情報を入力する必要がありますが、加算によって登録する情報に違いがあります。ここでは科学的介護推進体制加算の対象者や算定要件などについて詳しく解説していきます。

対象の事業者と単位

科学的介護推進体制加算は、介護療養型医療施設を除いた施設系サービス、通所系・多機能系・居住系サービスが算定できます。

単位を以下の表でまとめました。下記は利用者1人ごとに算定します。

【科学的介護推進体制加算の単位】
施設系サービス 科学的介護推進体制加算(Ⅰ) 40単位/月
科学的介護推進体制加算(Ⅱ) 60単位/月 特養・地域特養に限り
50単位/月
通所系/多機能系/居住系サービス 科学的介護推進体制加算 40単位/月

2つの算定要件

科学的介護推進体制加算には「LIFEを活用して厚労省に利用者の情報を提出すること」「PDCAサイクルを回すこと」という2つの算定要件が定められています。正しく算定するためにも次に解説する内容をしっかり覚えましょう。

LIFEを活用して厚労省に利用者の情報を提出すること

算定要件(イ)として定められているのが、「利用者に関する情報の提出」です。LIFEに心身の状況をはじめとした利用者の基本的な情報を登録しなければなりません。この情報は利用者ごとにそれぞれ登録が必要となります。

基本的に登録する情報は以下のとおりです。やむを得ない場合を除き、必ず提出する必要があります。

  • 生年月日や性別、保険者番号などの基本情報
  • 総論(ADLや在宅復帰の有無など)
  • 日常生活自立度
  • 口腔・栄養
  • 認知症(任意項目のみ)

既往歴や服薬情報、任意項目以外の認知症の情報についてもなるべく提出したほうがよいとされています。

ただし、科学的介護推進体制加算(Ⅱ)を算定する際は、やむを得ない場合を除き、既往歴を必ず提出する必要があります。

上記の情報は次の1~4に該当する月の翌月10日までに提出しなければなりません。

  1. 算定を開始しようとする月
  2. 算定を開始した月以降にサービスを利用し始めた利用者がいる場合は、利用を開始した月
  3. 上記1・2のほか、少なくとも6ヶ月ごと
  4. サービスの利用を終了する月

PDCAサイクルを回すこと

算定要件(ロ)では、LIFEでフィードバックされた情報を活用して、PDCAサイクルを回すことが求められています。

PDCAサイクルとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価・分析)」「Action(改善)」の頭文字をとった、マネジメント手法です。計画を実行したあとに分析し、改善を加えたうえでまた実践に移すというサイクルを経ることで、業務の改善を図っていきます。

引用:令和3年度介護報酬改定の主な事項について|厚生労働省

科学的介護推進体制加算では「Check」の段階でデータを提出し、フィードバックをもらって「Action」へ進むイメージです。厚労省のフィードバックをもとにプランを見直し、実践・分析・評価を重ねることで、ケアの質を向上させる効果が期待できます。

そのほかの加算一覧

科学的介護推進体制加算以外に、LIFEの活用が必要な加算を箇条書きでまとめました。

それぞれ対象となる介護サービス事業所は加算ごとに異なります。詳しくはこちらの表も参考にしてみてください。

引用:LIFEの活用等が要件として含まれる加算一覧(施設・サービス別)|熊本県ホームページ

LIFEの導入手順

最後に、LIFEを導入する際に必要な事前準備や、手順について解説していきます。

①公式サイトで利用申請

まずは利用申請からスタートします。インターネットにつながるパソコンを用意したらLIFEの公式サイトを開き、「新規登録」ボタンから利用申請を行ってください。

利用申請の登録は、毎月25日が締め切りとなります。4月から加算したい場合、3月25日までに利用申請を行う必要があります。25日までに申請することで翌月頭に利用案内が届きますので、時間に余裕を持って申請するようにしましょう。

また、ネットワークオプションの設定と、セキュリティソフトの設定変更を事前に行わないと、ログイン時に不具合が起きる場合があります。詳しい操作方法はLIFEの公式サイトの操作マニュアルから確認できます。

②届いたハガキをもとにユーザー登録

利用申請が済むと、翌月にログインIDやパスワードに関する情報がハガキで届きます。これまでにCHASEかVISITを活用していた方は、LIFEでも同じIDとパスワードが引き継がれます。両方のシステムを利用していた場合は、CHASEのIDとパスワードをそのまま使用できるので確認しましょう。

そのIDとパスワードを使って、LIFEの公式サイトでユーザー登録を行ってください。「管理ユーザー」と、実際に入力を行う「操作職員」をそれぞれ登録する必要があります。

デスクトップにLIFEの「起動アイコン」を配置しておけば、いつでも簡単にLIFEを開けるのでさらに便利に活用できます。起動アイコンは、ハガキに記載のURLからダウンロードが可能です。

③利用者の情報を入力

最後に利用者の情報を入力して登録します。手入力で行う方法以外に、介護ソフトのCSVファイルで取り込む方法があります。介護ソフトを導入している事業所はうまく活用しましょう。

LIFEには、ADLや栄養状態、口腔・嚥下機能、認知症など200項目以上が入力できますが、すべて入力する必要はなく、加算に必要な項目のみで構いません。

入力したデータはすべて匿名で登録されます。全国の介護施設や事業所から集まった情報は厚生労働省のデータベースに蓄積され、その情報をもとにしてさらにフィードバックの精度が高まっていくことが期待されます。

LIFEを活用して介護報酬の加算を算定しよう

フィードバックを活用して介護サービスの質を評価し、さらなる質向上に期待できる科学的介護情報システム「LIFE」。科学的介護の取り組みを推進するため、令和3年度の介護報酬改定ではLIFEの導入を前提とした加算が新設されました。今後、介護現場でのLIFEの活用はより注目されていくと考えられます。

LIFEはインターネットにつながるパソコンがあれば無料で利用できるので、この機会に導入を検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護専門のシフト・勤怠管理サービス
『CWS for Care』

CWS for Careはシフト表作成、勤怠管理、勤務形態一覧表出力をワンストップで提供する、介護専門のシフト・勤怠管理サービスです。
人員基準や加算チェックなど介護特有の要件に対応し、介護事業者様の業務効率化をサポート。介護のシフト・勤怠管理でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。